FieldCamp in ららぽーと名古屋港 

冬キャンプ体験イベントとコラボレーション

11月下旬の週末に”ららぽーと名古屋港店”でイベントを開催しました。
キャンプ通にはたまらないイベントでキャンプ道具などの展示&冬キャン宿泊体験イベント中のアクティビティとしてスラックライン体験イベント運営いたしました。

実は冬季はスラックラインにはいい季節なんです

キャンプは通常、春から秋にかけてがハイシーズンと呼ばれている。
準備するものや装備品についても比較的揃えやすいことからハイシーズンにキャンプが盛り上がっています。
でも実は冬季のキャンプこそが、キャンプの醍醐味であるともいう人も少なくありません。最近は冬キャンプの専門といったものまで登場して一年を通じてキャンプを楽しめるようになりました。
私も最近は冬が待ち遠しくなり冬キャンが楽しみの一つです。

冬のキャンプは準備も大変で燃料も多く必要となります。
場所によっては体調を崩したりする可能性であり、舐めた気持ちではできません。でも冬キャンならではの焚き火やテントの中でゆったりする時間を過ごすことができる。
冬の夜空は空気が澄んでいて星空も見えて綺麗ですよ。

そんな冬キャンプに欠かせないアクティビティでも”スラックライン”はおすすめです。
スラックラインのシーズンもキャンプ同様に春から秋にかけてが競技会やイベントのシーズンでもあります。
しかし、スラックラインをやったことがある方はわかると思いますが、ほんの数分やるだけでカラダの中から暑くなり、真冬でも上着を脱ぎたくなるほど
冬の静かな環境でスラックラインをするも魅力でもある。

イベントスペースのど真ん中にスラックラインパーク!

“ららぽーと名古屋みなと店”は野外ステージに全天候型ドームが完備されている。
これは、雨の日でもイベント等を開催できる素晴らしい環境です。
夏は日よけになり、今年5月にもこの場所でイベント参加させていただいた時も日よけ効果で快適にスラックライン体験をしていただくことができました。
今回はキャンプ用品等の展示が会場の周辺にあり、ど真ん中にスラックラインブースを設営することになりました。
一番目立つ場所で、イベント担当者の方もスラックラインをきっかけにキャンプ用品展示に足を運んで欲しいとの思いもあり、プレッシャーがありましたが、イベント開始から終了まで人の列が途切れることなく体験者があり大盛り上がりをしました。何よりイベントの際にはけが人もなく無事に終了することが一番大切なことだと思っています。

スラックラック のレイアウト次第で楽しみ方が変わる

2箇所の配置はぐるぐる回るような新しい配置は、体験者の渋滞分散効果もあり、インストラクターも手の届くところで安全に体験いただけたと思います。

今回は日本スラックライン 連盟の愛知支部長の木村さんにもお手伝いいただきました。
木村さんのインストラクションが抜群と体験者から絶賛されていました。
インストラクターによる正しいインストラクションや興味ある方への説明ができると今後スラックラインもっとみじかなスポーツになっていくと思います。

当日は秋晴れの季節外れの暖かい気候に恵まれて、沢山の方がスラックラインを楽しんでくれました。
ららぽーと名古屋みなと店、イベント運営関係者のみなさん
朝から色々とご配慮等いただきましてありがとうございました。
これからも体験者の方にもっと満足いくものを提供していきたいと思います。
また、そこからスラックラインを始める人が増えていくと嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です