YOGASLA(お外ヨガ&スラックライン  [報告]

桜咲く!今この時期にできることを

こんにちは。ヨガインストラクターのゆみです

昨日、開催したヨガとスラックライン(YOGASLA)のイベント
開催するまでに感じた、思うことを綴ります。

新型コロナウイルスがじわじわやってきてから
自粛要請が出される中で、急遽開催したイベント
必要だと思ったので、行動を起こしました

賛否両論あるとは思いますが
もちろん参加人数や、開催場所や、充分な衛生管理の配慮を念頭においての開催はしました。

必要だと思ったので

誰もが今、多かれ少なかれ
不安を抱えている今この時期だから
その自分に寄り添うことが大切です

思いは現実化されてゆきますから
ネガティブな思いを悪ものにするのではなく
そのネガティブな思いを持つ自分に寄り添うことで、それは昇華されてゆきます

そして本当に自身の願う方向へと変換されてくのです

連日のメディアの報道は事実であって、どこまでが真実なのか…

深いところでの真実に
どれだけの人が気づいているのか…

お家でテレビをつけっぱなしにして情報を浴び
「どうなってゆくのだろう…」と
不安はどんどん膨らみます

受け取りすぎて苦しくなってきてるようなら
情報から少し離れてみて「どうしたい?」って
行動してみてはどうでしょうか?

外へと出掛けることばかりが行動ではなく
お家で本を読んだり、テレワークをしたりと
変換させてゆくことも行動です

どれを選ぶかは自分自身、自分次第

必要最低限のできることを
制限を掛けられた中での最大限をやってみる!

情報を受け取りすぎてどんどん不安になってゆくばかり
不安な気持ちは人から笑顔を奪います
そして免疫を低下させてゆくばかり
すると、どうなる…

不安だからこそ、今できることをする

今いのちが喜ぶことを

いのちが喜ぶことができたのなら、
いのちは輝きを取り戻し、その一人一人の輝きが周りを四方八方へと輝きを放ちます

すると、どうなる…

自然を感じることは、自分につながりやすく
不必要なものから私たちを解放してくれます

それは、私たち人間も自然の一部であるのだから

それを今誰もが感じ、一人一人が自分とつながり、向かう方向が一つになったときにはじめて終息の方向に向かうんだと思います

コントロールするのではなく
コントロールされていることに気づき
手放してゆく

それが必要です

道路へと伸びてゆかないように切られてしまった桜の木、それでも花を咲かす桜
生命の息吹、自然の底力、人間の身勝手さを目の当たりにしました

深く、深く、思うことがあるよな…

深く、深くを感じることができたのなら
本当のこと観えてくるよね
本質につながることは、真実への近道です

ありがとうございます

YOGAインストラクター Yumi

roughline
slacklife/llcはroughlineをサポートしています

YOGASLAの内容や感想は下記のリンクroughline公式ページに記載しています。よかったらみてください↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です